妊婦さんはお口の健康を維持するのが大変!

2023.06.29

一般歯科検診歯周病

陽だまりデンタルクリニック 院長です!

今回は「妊婦さんとお口の健康」に関して書いていきます。

妊娠後の身体の反応は個人差がすごい!

妊娠すると病院や保健所で歯科検診をすすめられることが多いと思います。

それは妊娠期間につわり(食べつわりも)などで、食事後に歯ブラシが難しくなるなどでむし歯のリスクが高くなるからです。

また、妊娠による女性ホルモンの変化により、お口の状態も変化します。

また、例えば、歯ぐきの腫れや出血、唾液の増加などがおこりやすくなります。

これらの変化によるトラブルをちょっと詳しく説明すると、

1、むし歯や歯周病のリスクが高まり、トラブルが起こりやすくなる

妊娠中は食の変化、つわりの影響で口腔内環境が変化し、むし歯や歯肉炎(妊娠性歯肉炎)が起こりやすくなります。                             

2、早産や低体重児出産のリスクがある

むし歯菌や歯周病菌が増加して体内に入り込むと、早産や低体重児出産のリスクが高まると言われています。これまでに少数ですがいらっしゃいます。

3、赤ちゃんにむし歯をうつしてしまう可能性がある

(この学説は最近になって否定されつつありますが)生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはむし歯菌はいませんが成人の唾液が口に入ることで感染するので、一できれば一緒に暮らす人も治療を受け他方が良いでしょう。

それでは妊娠してるから検診を受けよう!ってなったら覚えておいてほしいことがあります。

妊娠期間に治療するなら安定期がお勧め

お腹が大きくなる妊娠後期ではあお向けの治療が難しくなるため、(妊娠5-7か月:安定期といわれる期間)安定期のちりょうが望ましいと言われています。

すむ地域によって、妊婦歯科検診や産婦検診を無料で行っているところや治療費の一部を負担してくれる場所もあります。

治療するならかかりつけの産婦人科に先生に一声かけましょう!

歯科検診では診療前には必ず妊娠中であることや体の状態を歯科医に伝えることが大切です。

この情報があるだけで、妊娠に合わせて検査や治療を受けることができます。治療時には必要に応じて産婦人科医にも一声かけましょう。

他によく質問されるのがレントゲンや麻酔、お薬の使用です。

クリニックで使用されるレントゲンは放射線量が微量で、胎児に影響を及ぼすものではありません。

ただ、撮りたくない人に無理に撮ることは絶対ありません。

麻酔も微量しか使用しないので身体への危険性はほとんど報告されていません。

特に安定期であれば麻酔を使用することが推奨されます。

痛み止め、抗生物質も影響の少ないものをお出しします。

親知らずについては、妊娠前に問題が予想される場合は抜歯がおすすめです(ほとんどの人が嫌がりますね)。

ただし妊娠中に痛みが出たら、安定期に抜歯するか、抜歯せずに産婦人科の先生と相談しながら消炎処置を行います。

色々説明してはいますが、どの治療に関してもメリット / デメリットをしっかり理解し選択することが大切です。

妊娠期間に限らず絶対的に安全な物は無いからです。

妊娠中の歯科検診は赤ちゃんのためにも大切な準備です。安心して出産を迎えるためにお気軽にご相談ください。

アクセス

ACCESS

住所

〒892-0852
鹿児島県鹿児島市下竜尾町3番14

電話番号

TEL.099-210-7836

専用駐車場あり

普通車5台

Google mapでみる
Google mapでみる